FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img678

今夜は久しぶりに、麻雀なんてゲームをやってしまいました。

その昔は毎週毎週だったのに、なんと3~4年ぶりだったものですから、

ブログに取り掛かった頃には日付が替わっていた次第。

さて、今夜は特別に超貴重盤を紹介します。

「You’ve Got To Hide Your Love Away」、

邦題は「悲しみはぶっとばせ」。

ボクならさしずめ、「胸に秘めた恋」なんてタイトルにしたでしょう。

ご存知、ビートルズの65年の『ヘルプ』の中の一曲で、

ジョンがボブ・ディランに触発されて書いた曲だ、というのが定説。

ジョンはボブ・ディランになりきったように歌っているのだけれど、

この女性1人と男性3人のグループ、シルキーはおしゃれに爽やかにポップに仕上げている。

65年全米10位というヒットを記録した。

彼らのLP、あいにくボクは持っていないけれど、

全12曲中8曲はディランのカバーだという。

それ程のディラン・フリークらしいのに、この曲はまったくディランらしくない。

このシングル盤のライナー・ノーツによると、

ポールがギターで、ジョージがタンバリンでレコーディングに参加したらしい。

もちろんジョンも立ち会った、とのこと。

シルキーも、ジョンも、どちらも趣があって好きですよ。

ビートルズ盤は、45回転なのに4曲入り、珍しいフランス盤を紹介します。

アーティスト名も、LES BEATLESとなっています。

img679

<追伸>

中古店で漁っていて、タイトル買いしてしまったレコード、

80年、先日のブログに登場したレイジーの「悲しみをぶっとばせ」。

曲調自体はまったく違うのですが・・・、

こんなタイトルの曲を作るとき、「悲しみはぶっとぱせ」を知らないで作るのでしょうか?

img680
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/359-7fee9fd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック