FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img699

ビートルズが一世を風靡していた64年のイギリス、突然に現われたビート・グループ、

「ハヴ・アイ・ザ・ライト」でデビューしたハニーカムズ。

今、あらためて聴くと、その曲調は後のホリーズのよう。

曲を聴く限りはまったくわからないけれど、このグループのドラマーはなんと女性、

21歳になったばかりのハニー・ラントリー。

66年、ボクが高校一年生の頃来日、テレビで見た時にはもう輝きを失っていた。

キワものGSって感じでガッカリした、そんな記憶がある。

このデビュー曲とそれに続く「アイ・キャント・ストップ」、今は魅力的に聴こえる。

ハニーカムズ、ハチの巣、ってグループ名は、彼女を女王蜂に見立てたネーミングかな?

って、そんなことを考えていたら、頭に浮かんだのは、「冷たい女王様」、

ありましたよ輸入盤が。

原題「Her Royal Majesty」、

ドラム・ロールで始まるこの曲は、62年最高位全米6位、

後に日本でも『タイム・トンネル』で有名になる俳優のジェームス・ダーレンのヒット曲。

いやはや、今夜はまとまりのない話になってしまった。

ほんなら、いつもはまとまってるのか?

そんな声を遠くに聞きながら、“記事を保存”のボタンをクリックするのであります。

img700 img701
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/366-86dd36c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック