FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img733

ボクのとっておきの1枚は、

大好きなキャロル・キング作品であり、DJに捧げる曲。

全米チャートに登場したのは、61年9月18日のみ、95位、

ティナ・ロビン嬢の「Play It Again」、

一般的には「Dear Mr.DJ Play It Again」。

親愛なるDJ様、もう一度かけてくださいね!

今頃は、DJといえば、キュッキュッとお皿を回したり戻したり、クラブの人気者、

なんでしょうけれども、

この頃のDJは、ラジオのディスク・ジョッキー。

そもそも・・・(長くなるゾ、この話をし出したら)、

シングル盤は、DJにラジオでかけてもらうことがヒットの生命線だったのだから・・・。

そんな肝いりテーマで、

なおかつ、キング&ゴフィンに加えて

ニール・セダカの相棒グリーンフィールドまで加わって創り上げた作品。

もちろん、オールディーズの、

ガールズ・ポップスの魅力いっぱい、

大切な大切な1枚なのです。

マーキュリー・レーベルのスリーブ付きでゲットしました。

img732
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/376-bc67342e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック