FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img816

今夜は、バーズのレコードを引っ張り出しました。

さて、何について書こうかな?と思った時、まず頭に浮かんだのは“フォークロック”という言葉。

前にも書いたかもしれないけれど、音楽のジャンルなんてどうでもいい。

ジャンルは、複雑で、ファジーで、クロスオーバーしていて、よく判らない。

いったい誰が定義しているのか?どのような定義なのか?

Wikipediaで『音楽のジャンル一覧』を引いてみる。

すご~いなあ!ホラ、やっぱりえらいことになっている。

たぶん、ひとつの楽曲は5つ以上のジャンルに属してしまうのかもしれない。

というような、無為な考察はさておき、

いわゆる“フォークロック”の代表バーズの全米No.1の2曲を楽しむことにした。

65年6月のデビュー曲は、ボブ・ディランの作った「ミスター・タンブリン・マン」。

65年12月、歌詞を旧約聖書からとったピート・シーガーの「ターン・ターン・ターン」。

ジム・マックギンがビートルズのジョージに触発されて12弦ギターを持ち、

テリー・メルチャーが彼らをプロデュースするまでは、

ロックとフォークはまったく別の音楽だった。

思いやメッセージを伝える歌詞をもったフォークソングを、ロックンロールのリズムにのせた、

人はそれを“フォークロック”と呼んだ。

とは、何かの本のうけうり。

たとえ、「ミスター・タンブリン・マン」が“フォークソング”だったとしても

英語の歌詞のよくわからないボクでさえ十分に楽しめる、

ノリのいい、素敵な曲であることに変わりはない。

img817
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/400-afd595d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック