FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img862

2003年1月5日、サンデー・ソング・ブックの新春放談で聴いた珍しい1枚をゲット。

新春放談とは、新年恒例の山下達郎氏と大滝詠一氏の“よもやま話”のこと。

その1枚とは、83年発売のジョデルズというイギリスの3人組の「マイ・ボーイ」。

レコード・ジャケットにある彼女たちのビジュアルに似合わない見事なオールディーズ。

どう聴いても60年代ガールズ・グループのそれである。

というより、この曲のイントロが、ある曲にそっくりなのである。

ある曲とは、大滝ソロ作品「君は天然色」。

「天然色」は81年の発売だから、「マイ・ボーイ」の方があと。

「天然色」を聴いてか聴かずか定かではないけれど、本当に似ている。

以前にも書いたように、

「天然色」はピクシーズ・スリーの「コールド・コールド・ウィンター」に似ている。

この連鎖は、きっと“オマージュ連鎖”だと思う。

60年代オールディーズを愛するプロデューサーたちが

オールディーズ・ファンに届けてくれる、秘密のプレゼントのような・・・。

だから、最近の音楽にも興味を失わず、

そんな隠されたプレゼントを探しづづけるボクなのである。

img863 img864
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/416-4e018ee3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック