FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img874

その人は文学少女だった。

校内文集で彼女の読書感想文を読んだ。

ヘッセの『デミアン』、だったと思う。

読書嫌いのビジュアル少年だったボクが、本を手にしたホンの短い季節だった。

彼女はいつも友だちの女の子と一緒に行動するタイプで、

ふたりだけでデートした記憶はないけれど、

グループで行った奈良公園の荒池でふたりでボートに乗ったことがあるような・・・。

♪~ 君のために 花は開き 君のために 鳥も歌う ~♪

ランチャーズの2枚目のシングル「教えておくれ」は、

高校3年生になったばかりの頃、いわゆる“恋に悩んだ”季節の愛聴歌。

ライヴでは演奏できないような、オーケストラをバックにした格調高い作品。

それでいて、青春のさわやかさを残しているのは、彼らの育ちの良さだと思う。

あまりヒットしなかったマイナーな曲だけど、大切にしたい好きな曲、

そんな曲はきっと思い出に結びついていると思う。

お坊ちゃまGS、ランチャーズは、

その後、次第にビートルズの影響を受けたかのように、その音楽性を変えていった。

3枚目「シリウスの涙」、4枚目「不機嫌な水溜り」、

ここまでは、結構好きな曲。

高校時代の仲間たちに会いたくなった夜である。

img875 img876
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/421-8b501900
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック