FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img935

82年3月、見本盤としてプロモーション用に配られたシングル盤、

その歌を聴いただけでは、まったくあばけませんでした。

ELLEの「夢で逢えたら」。

ELLEって一体誰?

そして、3月21日、キャッツ・アイをはずしたけれど、

彼女だ!とわかっても、そんなにびっくりしませんでした。

だって、君はそんなに有名でもなかったのですから。

正体は、大橋恵里子。

『スタ誕!』出身、まさにボクの好きな“B級アイドル”。

78年、「経験シーズン」でデビュー、

ボクの好きなレパートリーは、79年の「サンシャイン・ラブ」、

今でも、夏になったら妙に聴きたくなる。

男性3人組のアイドル・グループが歌ったら、きっともっとヒットしただろう。

ともあれ、「夢で逢えたら」は大瀧さんの名曲、

ELLE盤は、かつての僚友鈴木茂さんのアレンジ。

このブログを始めたばかりの頃、最高傑作シリア・ポール盤を紹介したけれど、

こんなに多くの人にカバーされた和製ポップスは数多くない。

img936 img937 img938
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/439-0a5a14eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック