FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img996

P.F.スローンについての一般論は少し前に紹介しましたが、

ボクにとってのスローンはちょっと違うのです。

ニューヨークに生まれたスローン少年は大都会を嫌い、自然で素朴なカルフォルニアに移住。

必然的に、彼の音楽家としてのキャリアのスタートはサーフィン・ミュージックであった。

ジャンとディーンに曲を提供したり、彼らのバックを務めたり・・・。

その代表曲が既に紹介した「青春の渚/サマー・ミーンズ・ファン」。

シングルは既に掲出済みなので、コンパクト盤をアップしました。

そして、スティーヴ・バリと組んで、ファンタスティック・バギースを結成。

やはりジャン&ディーンに提供した「Tell ’En I’m Surfin’」でデビューする。

ジャン&ディーンのオケをそのまま使った、という話は有名(ホンの一部の世界で)。

そして、ボクの好きな「Anywhere The Girls Are」のイントロ、

スローンの弾くギター・リフは、デイヴ・デイヴィスに影響を与え、

キンクスの「ユー・リアリィ・ガット・ミー」を生んだ、という。

スローンは、作曲や楽器だけでなく、シンガーとしても多才で、

CDの中の一曲「Surfin’s Back Again」では、

プレスリーやジャン・ベリーや

ブライアン・ウィルソン、テリー・メルチャーのモノマネを聴くことができる。

そして、ボクにとってのスローンは、そのキャリアを終えるのである。

img997 img998
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/457-3fb6b110
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック