FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img1111

63年、たったの10分で録った「ブルー・ヴェルヴェット」が全米No.1を獲得した。

ボビー・ヴィントン本人もびっくり!の出来事だったらしい。

甘くメロウな歌声の“Mr.Blue”ボビー・ヴィントンのオリジナルだと思っていた10年前、

中古レコード・セールで1枚の輸入盤を見つけた。

「BLUE VELVET」、アーティストはThe Statues(スタチューズ)。

とりあえずゲット、帰ってヤホーで調べるも全く判らず、今日に至る。

このブログに書きたくて、調べ出したら、ようやく発見。

外国のHPによると、「ブルー・ヴェルヴェット」を最初にリリースしたのは

51年、トニー・ベネットなのだそうだ。

そして、このスタチューズ盤は60年のリリース。

その他にも多くのアーティストによってリリースされている、その一覧がある。

しかも、このスタチューズとは何者?の答まであるではないか!

このグループのリード・ボーカルはゲリー・マイルズ、この名は知らないけれど、

彼は後のバズ・ケイソン、それなら知っている!

ロニーとデイトナスのロニーくんの友人で、「サンディー」の共作者で、

Buzz&Bucky名義で「Tiger-A-Go-Go」をも出している。

昔判らなかった情報がある、ネットの進化と、マニアックな人の存在を実感。

本当に素敵な、恐ろしい世の中でもある。

「ブルー・ヴェルヴェット」、55年のクローヴァーズ盤も聴き比べたけれど、

あらためてボビー・ヴィントンの魅力を確認できた今夜のボクです。

img1112 img1113 img1114
コメント

ブルー・ヴェルヴェット、はやりましたねえ。同じ頃、ボビー・ヴィントンのほかにもボヴィー・ヴィー、ボヴィー・ライデル、ボヴィー・ダーリンなどとボヴィーが何人もいました。私はボヴィー・ライデルが一番好きでした。キリッとしたマスクと清潔感漂うスタイルなど、まず外見が素敵そうでした。そして歌声も伸びやかで気持ちのよい声でした。とくに「星空の花売り娘」という曲が好きでしたが、その後はまったく聞く機会がありません。オムニバス盤でも見かけませんね。
2009/11/14(土) 23:37:26 | URL | blueswave #truUrUr2[ 編集]
Thanks!
いつもご覧いただいてありがとうございます。
ボクも、「ボビーに首ったけ」です。特にボビー・ヴィーが大好きでもう4枚ばかり紹介済みです。ボビー・ライデルは2008年の3月と11月に語ってますのでよろしければご覧ください。
2009/11/15(日) 08:37:59 | URL | Mr.T #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/492-e747c038
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック