FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img1157

60年代までは、ヒット曲を出すことが多くのアーティストにとって至上命題だった。

“決してシングルの集まりとしてではなく、アルバムをアルバムとして作る”

というコンセプトをもった男たちが現れた。

The Doorsは、

ボクの好きな、シングル盤の時代を終焉に導いたのである。

彼らのシングル・デビューは、「ブレーク・オン・スルー」、

デビュー・アルバムからのシングル・カットであった。

あいにくヒット・チャートに上ることはなかったけれど、

そのアルバムの中の6分50秒もの長い長い曲が評判になり、

67年7月、ビルボードのトップに躍り出た。

それが、名曲「Light My Fire」、

邦題「ハートに火をつけて」である。

そして、2曲目のNo.1は、翌68年8月の「ハロー・アイ・ラヴ・ユー」、

とても好きなヒット曲である。

ジム・モリソンはその奇行がゆえに独特のカリスマとなったけれど、

ボクの興味はこれらのシングル・ヒットにある。

シングルの時代を終わらせた、憎っくき男たちではあるけれど、

ヒット曲クリエイターとしてのドアーズがとても好き、

というのは、決して矛盾している話ではないですよね。

img1158 img1159 ts6
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/507-43d81e2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック