FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img1209

国内盤シングルの宝庫はAMラジオ局のレコード室。

最近の放送局の多くはCD化、デジタル化してくるものですから、

場所をとるレコードの存在が次第に邪魔になり、中古店に放出される。

そんなレコードは、ジャケットの裏面にセロテープの痕が残っているからすぐに判ります。

これは、パーソナリティがライナー・ノーツや歌詞を読みやすくなるように

裏返してスリーヴ(レコード袋)と固定するからなのです。

09年5月11日に輸入盤を紹介した「オンリー・ザ・ロンリー」もそんな1枚です。

このジャケットは見開きだったようですが、あいにく歌詞の入った面がありませんでした。

というわけで、ゴールデン・カップリング盤も買ってしまいました。

2枚目は、09年11月18日に輸入盤を紹介した「愛はどこへ行ったの」。

一般的に言うと、60年代前半のモータウンの国内盤シングルはものすごく手に入りにくい。

たぶん日本ではあまり売れなかったからか、レコード会社の関係か、

コレクター泣かせなのです。

そして今日の最後は、ビーチ・ボーイズの「サーフィン・U.S.A.」。

09年9月25日に再発シングルを紹介しましたが、ようやく初回盤をゲットしました。

お金さえ出せばオークションで手に入るのですが、

そこはコレクターの良心、許せる価格でしか買いません。

音を聴くのはCDやLPや再発盤で、

これらの国内初回盤シングルは、いわばボクの精神安定剤なのです。

img1212 img1210 img1211
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/524-63635d8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック