FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img1239

共に1938年生まれ、ボクの辞書にある、ふたりのコニー。

4ヵ月お姉さんのスティーヴンスは、本名Concetta Rosalie Ann Ingolia。

オールディーズの女王フランシスは、本名Concetta Rosa Maria Franconero。

ふたりともファースト・ネームはコンチッタ、イタリア系アメリカ人です。

フランシスは、57年から69年までに60曲以上をチャートインさせ、

3曲の全米No.1を持ち、日本でも最も知られているオールディーズ歌手。

スティーヴンスは59年から65年までに6曲しかチャートイン曲を持っていませんが、

どちらかといえば、女優としての方が有名です。

レコードを聴いていて、懐かしいのはフランシス、

癒されるのはスティーヴンス。

というわけで、スティーヴンス62年全米43位「ミスター・ソングライター」と

キング&ゴフィンのバラード「イヤとは言えなかったの!」のカップリングです。

彼女の最初のソロ・ヒットは60年全米3位「シックスティーン・リーズンズ」。

そして、07年11月にも紹介した「小さな涙」は最高、

デビッド・ゲイツの「ロスト・イン・ワンダーランド」も素敵です。

フランシス盤はボクのブログに何度も登場しましたので、

今夜はちょっと変化球で、映画『黄色いロールス・ロイス』の主題歌、

65年全米79位「明日を忘れて」を久しぶりに聴いてみました。

やっぱり懐かしく、高校受験の頃の思い出が頭をよぎってきます。

いいですね、ふたりのコンチッタ。

img902 img1240 img1241
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/533-b8cc0a0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック