FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img1248

ボクのウォンツ・リストにもうそんなに多くのレコードが残ってはいませんが、

このブログを書く都合上であったり、新しい情報があったりして、

まだまだ欲しいシングル盤が毎日のように出てきます。

今日紹介するのはそんな1枚、

毎夜眠る前に読んでいる音楽雑誌からの情報で探し出したモノ。

66年に発表されたものの、未発売だったおもしろい曲がある、という。

それは、95年のシュープリームスのベスト『アンソロジー』に収録されている、という情報。

タイトルは「シングズ・アー・チェンジング」。

スペクターがらみの、ウォール・オブ・サウンドによるシュープリームスの歌、

と聞くと、やっぱり欲しくなるではないですか。

可能性は低いけれど、シングル盤はないだろうか?

探したら、一発的中、なんとすぐに見つかったのです。

シュープリームス盤ではなかったけれど、

スペクターの申し子、ブロッサムズ・バージョン。

もちろん、即ゲットと相成りました。

この曲は、36代米大統領ジョンソンの政策、

“黒人及び少数民族のアメリカ国民に対する雇用機会の不公平是正”の

キャンペーン・ソングで、他にもジェイとアメリカンズ・バージョンもあるらしい。

原曲は、ブライアン・ウィルソンがロネッツのために書いた曲で、

政府からキャンペーン・ソングの依頼を受けたスペクターが

このオクラ入りしていた原曲を利用した、のだという。

初めて聴いてみたけれど、なるほどスペクターである、“音の壁”である。

カップリング曲は、クリスタルズ「プリーズ・ビー・マイ・ボーイフレンド」、

これも未発売曲で、作者不明だとのことだけど、64年7月のレコーディング。

もしかしたら、クリスタルズとして最後のレコーディング曲なのかもしれない。

どちらかというと、こちらの方がボクの好みです。

まだまだ、ボクの食指の動く新しく欲しいモノは出てくることだろう、と思う。

img1249 img1250
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/536-85e340a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック