FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img1413

60年代後半、GSブームも終わりを迎えようという頃、

次々と出現したグループの中に、後のビッグ・ネームが居た。

09年2月8日ボクがブログで書いた山口富士夫は、瀬川洋とともに、

67年12月「トンネル天国」でデビューしたダイナマイツの中心、

当時はR&B志向の実力派と言われた。

67年7月、「ウォーキン・ザ・バルコニー」をヒットさせた4.9.1.、

フォー・ナイン・エースと読む、

このグループに居た城アキラは、後のジョー山中。

全員慶大生の財閥御曹司GSだったインスト・グループ、フィンガーズが、

一部メンバーを入れ替え、ボーカルに取り組んだ「愛の伝説」、

このグループのリード・ギターは名手、成毛滋。

そして、リーダーの高橋信之は、高橋幸宏のお兄ちゃん。

当時、もちろんそんな彼らの後の姿なんて知る由もなく、

ボク好みのレコードだけを買い集めていたのでした。

彼らの後の姿を知った今だからこその楽しみ方もある、

そんなことを思いながらの、長い長い夜が始まるのです。

img1414 img1415
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/590-ce235b9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック