FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img1427

子供の頃、テレビの西部劇の虜になっていた。

♪~ はるかなる広野のその果てに 今日もとどろくわだちの音 ~♪

今でもソラで歌える「ワゴン・トレイン(幌馬車隊)」の歌。

土曜日か日曜日の午後の放送だったと思うけれど、欠かさずに見ていた。

歌詞の中の、♪~ 時には憎み また愛し合う ~♪の

“愛し合う”の部分は、子供心か声が小さくなった。

この番組で学んだことがふたつ。

“わだち”とは、クルマの通った後に残る車輪の跡のことで、轍、と書く。

いつの頃からか、♪~わだちバカよね、おバカさんよね~♪などとギャグるようになった。

“せっこう”は、石膏ではなく斥候と書く、

敵の様子や地形の状況などを探るため偵察に出す要員のこと。

探偵ごっこの時、やたらと使って悦に入っていた。

テーマを歌っていたのは、若かりし頃の平尾昌章大先生。

洋盤を買ったけれど、もうひとつの主題歌でガッカリ。

あまり記憶にない「シャイアン」は、もうひとつのフォー・コインズ盤が抜群。

「名犬リンチンチン」が欲しくて買ったものである。

そして、淀川長治さんの解説で有名だった「ララミー牧場」、

♪~ 白い雲が飛んでゆく 空に響くはムチの音 ~♪

これもソラで歌える。

こうして、思い出話は限りなく続きそうなので、今夜はこのへんで・・・。

img1428 img1429 img1430
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/598-4638a868
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック