FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img1607

かなりマイナーなイギリスのガールズ・ポップス。

もうかなり前、戯れに買った『ジョー・ミーク・ガールズ』というコンピCDの中の、

グニラ・ソーンというスウェーデン出身の女の子が歌う

「メリーゴーランド」という曲に魅せられた。

ジョー・ミークは、ビートルズ出現前の、英国ポップシーンの独立系プロデューサーで、

いわば、“イギリスのフィル・スペクター”。

ヤフー・オークションやeBayで根気強く探しているけれど見つからない一曲。

そうこうするうちに、見つけたバーバラ・ラスキンの「Merry-Go-Round」、

作者が違うから別の曲であることはわかったけれど、

いい予感で、思い切って落札。

バーバラ・ラスキンは、60~70年代に活躍したシンガー・ソングライターで、

65年、キング&ゴフィンの「ハーフウェイ・トゥ・パラダイス」のカバーが有名。

70年の自作「恋のメリーゴーランド」は大当たり!

ボクの大好きな、見事なガールズ・ポップスでした。

一番多くの人が知っている“メリーゴーランド”は、たぶんアラベスク、

81年の「恋にメリーゴーランド」でしょう。

この曲の原題は「In For A Penny, In For A Pound」。

でも、サビの ♪~ never jump off the merry-go-round ~♪

が、とても印象的で、とてもいい邦題だと思います。

こうして、ボクのコレクションは、

連鎖の輪でグルグル巡り巡って増えてゆくのです、

メリーゴーランド、だけに・・・ネ!

img1608 img1609 img1610
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/663-14d41e99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック