FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img1670

ボクが最も好きだったGS、テンプターズの5枚目のシングル、

68年12月の「純愛」は、彼らにとって最後のトップ10曲だった。

松崎さんのイントロのギターと、ショーケンの泣き節は、

ボクたちの大好きな、テンプターズのお約束。

この曲には今も忘れられないエピソードがある。

それは、ボクが広島に居た頃、

毎週見ていたTV番組『イカ天』出演バンドの思い出である。

そのバンドは、この曲「純愛」をカバーした。

そして、あろうことか曲の終わり頃になって前に出てきたドラマーが失神、

もちろんパフォーマンスである。

ハードロック華やかな時代に、懐かしのGSコピー・バンドの、

ちょっと笑える演奏であった。

そのグループはこれが2回目の出演で、前年には「エメラルドの伝説」をカバー、

ボーカルが失神するというパフォーマンスだったらしい。

そのグループの名前は覚えていなかったけれど、

最近手に入れた『イカ天年鑑』で、“やどかり天国”という名前だと知った。

『イカ天』といえば、アシスタント司会は相原勇。

86年、本名の小原靖子で歌手デビュー、

デビュー曲は「ちょっとHENSHIN」、

この曲は、おニャン子クラブの「おっとCHIKAN!」の企画もの、

同じプロデューサーの秋元さんのお遊びだったらしい。

歌手としてブレイクすることのなかった小原靖子は、

相原勇と名前を変え、明るく元気な女の子として小ブレイクしたのである。

img1671 img1672
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/06/04(月) 19:58:10 | | #[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/685-b09cf841
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック