FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img1723

64年、ビートルズは、

ビルボードにもういくつかの歴史的な出来事をもたらした。

前回書いた連続No.1の3枚目「キャント・バイ・ミー・ラヴ」は、

3月28日付で27位に初登場し、

翌4月4日にはNo.1に駆け上がった。

これは、ナンバー1へのジャンプアップ記録となった。

しかも、この日のチャートは、1位から5位までビートルズが独占したのである。

2位「ツイスト・アンド・シャウト」、3位「シー・ラヴズ・ユー」、

4位「抱きしめたい」、5位「プリーズ・プリーズ・ミー」。

翌4月11日には、

テリー・スタッフォードの「サスピション」が3位に入り一矢を報いたが、

なんと、ビートルズはHOT100に14曲チャートイン、

二度と破られることのない快挙を達成した。

昨今のヒットチャートは、アルバム販売が常識的になり、

シングル発売が少なくなったために、曲自体のヒット集計が難しい。

そのことの是非はともかく、

ヒットチャートとともに音楽を楽しんできたボクたちには、

少し寂しいものがある。

それにしても、ビートルズの4人はすごい奴らである。

そして、テリー・スタッフォードのことも、誉めてやりたいと思う。

img1724
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/702-95efed58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック