FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img1777

薄く切ったオレンジをアイスティーに浮かべたことはないけれど、

すがすがしい気持ちになれる歌だ。

バレンタイン・デイ以来、大滝さんの曲を聴くことが多くなった。

「カナリア諸島にて」、

ナイアガラーのボクのコレクションには、この曲のカバーがある。

今や100人にひとりぐらいしか知らない、だろう、百瀬まなみちゃん。

シングル・リリースは、10年11月6日に紹介した「少女時代」と2枚だけ、

どちらかというと、女優なのかな?

もちろん、大滝節も聴かねばなるまい。

81年、名作『A LONG VACATION』からのシングル・カット、

「君は天然色」のB面である。

やっぱり、大滝さんは歌がうまい!

カナリア諸島へ行きたくなる。

カナリア諸島は、アフリカ大陸の北西沖にあるスペインの自治州、

カナリアの原産地で、豊かな自然があふれる常春の楽園、らしい。

ここではきっと、時間がゆっくりと流れているのだろうな、って感じさせる。

『A LONG VACATION』から、もう1枚のシングル・カットは、

「恋するカレン」と「雨のウエンズデイ」のカップリング。

LPをかければコト足りるものを、あえてシングル盤をかける、

シングル盤コレクターならではの、悲しい「性(サガ)」、

♪~ Wowoh Wowoh Wowoh 耐えきれず ~♪

78年、byツイスト、

話の流れ上、掲出してしまったけれど、これは余計な1枚だったでしょうか。

img863 img1778 img1779
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/724-48bd94ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック