FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img1884

ボクの中のビートルズは66年で終わった。

衝撃のデビューからライヴで世界中を駆け巡った時代、

最近ではこれを『赤の時代』というのだそうだ。

この時代のビートルズは、他のイギリスのグループと同様に、

ボクのコレクションの対象だった。

それ以降の彼らは、あまりに偉大になり、コレクションの意欲が湧かなくなった。

しかし、曲単位で好きな曲は幾つもある。

68年全米12位の「レボリューション」、

あの「ヘイ・ジュード」のB面曲である。

孤高で、世の中に批判的で、いつも新しいものを求める、

そんなジョンの曲である。

“破壊的な革命には加担しなくても大丈夫だよ、きっとうまく行くよ”

って、革命という言葉を意識しながらのジョンに対して、

ポールは歌う、70年全米1位「レット・イット・ビー」。

柔軟で、こだわりが少なく、心が広い、

そんなイメージのポールは言う、

“そのままにしておきなさい、ってマリア様が言ってるよ”。

同じようなことを言ってるのに、こんなに表現が違う。

チャキチャキのジョン・フリークのボクとしては、ジョンに憧れているけれど、

ポールの方が平和に暮らせそうな気がする、

ああ、ボクも歳をとってしまったなぁ、などと思いながら、

このふたつの曲をじっくりと聴き比べる夜です。

img1885
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/767-d1a84ec7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック