FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img1903

子供たちが小さい頃、ボクの車の中でのBGMはGSメドレー、

カセット・テープにランダムに録音したものをずっーと流しっぱなし。

ある時、息子が言った一言、

“お父さん、この人、悪い人だね!”

“えっ?”

何のことかさっぱりわからずにいたら、

♪~ ぽーい ぽーい 渚に捨てよう ~♪、なんだって!

正解は、♪~ 遠ーい 遠ーい 渚に捨てよう ~♪

今、久しぶりに聴いていたら、そんなことを思い出した。

今では30歳を超えた息子のエピソードである。

若手No.1ギタリスト三根信宏をフィーチャーした

実力派バンド、井上宗孝とシャープ・ファイヴをバックに、

この「遠い渚」を歌うのは、シャープ・ホークス、

異色の混血グループである。

トミーはスペイン系、サミーはフィリピン系、アンディはロシア系、

そして、強面、リキヤはイタリア系、あの安岡力也さんである。

レコード・デビューは66年9月、「ついておいで」。

歌そのものよりも、三根さんのギターの冴えが印象的だった。

2曲目は一転、バラード、「遠い渚」は彼らの最大のヒット曲となった。

♪~ ふたりで砂に書いた 愛の言葉

   冷たく波が消していく

   僕の心の 痛みもいつか

   遠い遠い 渚にすてよう  ~♪

レコードと一緒に歌ってしまう、近所迷惑な夜である。

img1904 img1905

P.S.

今朝、ブログに紹介したレコードをレコード棚に戻そうとして、

シャープ・ホークスのもう1枚のレコードを発見した。

67年8月、アンディに代わってジミー・レノンが新加入、

ジミーのソロ・パートが新鮮な「海へかえろう」。

「遠い渚」のヒットよもう一度、路線でした。
コメント
はじめまして
Mr.T(ミスター・ティー)さん、こんばんは。
ボクより、2歳年長さんです。

楽天(素敵なミュージシャン達)、他でブログを展開しています、SHARKS-t.matsuです。

時間ができたときに、訪問し、毎度、読み逃げしていましたが、この度はじめて、書き込ませていただきます。

楽天、他でブログを展開しています、SHARKS-t.matsuです。

毎回、レコードを紹介し、素敵な文章も書きこまれていて大変参考になります。

本日の、シャープ・ホークスの「遠い渚」のブログの文章もナイスですね。

今後とも、またお寄りしますので、宜しくお願いいたします。

P.S:先ほど送信したメッセージに敬称が漏れていました。失礼いたしまた。
お手数をおかけして大変申し訳ございませんが、削除をお願いたします。
2011/06/03(金) 22:38:07 | URL | SHARKS-t.matsu #-[ 編集]

t-matsuさん、ありがとうございます。
ブログを拝見しました。
これからゆっくりと見せていただきますね。
レコードやアーティストのことを書く時、まずは自分の記憶に頼って、次にそれを蔵書で確認して、さらにネットを参考にして・・・なんて、気を使ってはいるのですが、もしお気づきのことがありましたら教えてください。
よろしくお願いします。
2011/06/04(土) 23:34:59 | URL | Mr.T #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/774-528b00b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック