FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img1923

ブログのネタ探しで、邦楽のレコード棚を探っていると、

大学生時代に買った1枚のレコードが出てきた。

72年、女性デュオ、ピンク・ピクルスの「一人の道」。

東京オリンピックの男子マラソンのゴール直前、

2位でスタジアムに戻ってきた円谷幸吉選手に迫ってくる

ヒートリー選手との激闘を語る実況から始まるこの歌は、

その4年後自殺した円谷選手がテーマになっている。

国の代表として、オリンピックやワールドカップに出た選手、

ふるさとの代表として、甲子園に出場した選手、

活躍すれば賞賛の拍手を浴び、ヒーローになる。

すばらしいことだと思う。

しかし、失敗したり、ミスで破れたりすると、

まるで犯罪者のように非難される、

南米では射殺されたサッカー選手もいた。

この過剰なナショナリズム、どうかしている。

円谷選手の思いをテーマにした「一人の道」、

下宿でひとりで深夜放送で聴きながらウルウルした歌である。

気分一転、女性デュオのもう1枚、

71年、ジャネッツの「恋の汽車ポッポ」で、少し明るくなれるかな。

ボクの青春時代の思い出のレコードである。

img1924
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/782-92506e36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック