FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img1928

リプリーズは、60年にフランク・シナトラが興したレコード会社で、

ディーン・マーティン、サミー・デイヴィスJr.等、ファミリーが結集した。

63年にワーナーに売却されたけれど、

それ以降も、サブ・レーベルとして存続した。

その、リプリーズ・レーベルに、

ボクの大好きな、ガールズ・グループの隠れた名曲がある。

ガールズ・グループは、溢れる若さと無邪気さでひとつの時代を築いたけれど、

ロックンロールの波にかき消され、あっという間に消えてしまった。

そんな哀愁と儚さこそが、ボクたちが虜になっている理由である。

そんな、一押しの1枚は、あの「イカシタ彼」「ワン・ファイン・デイ」の

シフォンズ、唯一のリプリーズからのリリース盤、

62年の「ドクター・オブ・ハーツ」。

「アット・ザ・ホップ」スタイルの、軽いノリのダンシング・ナンバーです。

もう1枚は、ヘルナンデス三姉妹のレヴロンズ、

64年の「アフター・ラスト・ナイト」。

奇しくも、シフォンズのB面曲を、あのデヴィッド・ゲイツがアレンジ、

明るくメリハリのある陽気なナンバーに仕上げてしまったもの。

この2曲、ボクの秘蔵のコレクションなのです。

ついでながら、リプリーズの創設者、フランク・シナトラの、

たった1枚の所持盤は、66年全米1位「夜のストレンジャー」。

昔は魅力を感じなかった曲ですが、

この歳になると、その味わいに感動すら覚えるのはなぜなんだろうか・・・。

img1929 img1930 img1931
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/784-f8aad407
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック