FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img1958

1968年、GSブームは男たちだけのものではなかった。

全員女性だけのGSがいくつか出てきた。

ボクの記憶とあんまりない資料によると、

パンタロン・スーツの4人組、ハイビスカス、

ミニスカートの5人組、松田智加子と東京ピンク・パールス、

月光仮面のようなサングラスとマントを羽織った4人、スターサファイヤーズ、

いかにも女性GSっぽいユニフォームの6人組、東京エンジェル・シスターズ。

でも、レコードを出したのは、

このピンキー・チックスだけだった(と思う)。

女性だけのGSとして売るためには、

安易な結論だけれど、音よりもお色気重視のものが多く、

残念ながら、まだ、時代は育っていなかった感がいっぱいだった。

68年3月にリリースした、ピンキー・チックスも例にもれず、

「ヨッパラッタお嬢さん」もお色気路線のキワもの曲、

セリフ入りの、テープ早回し風の、ノベルティ・ソングの趣。

けど、彼女たちの目標は、スパイダースのようなグループになること。

その片鱗は、B面の「そばにいて」で聴くことができる。

その姿を一度だけ『11PM』で見た記憶があるけれど、

やっぱりお色気路線だったような気がする。

この両面ジャケット、いいレコードだと思いませんか。

img1959
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/796-d668b243
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック