FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img1968

海辺のさざ波のSEに続いて、指をスナップすると、

自然と歌いだす美しくやさしいメロディ、

♪~ As we stroll along together ~♪

アカペラ・スタイルの名曲である。

63年全米No.1、タイムズが歌う「So Mach In Love」、

「なぎさの誓い」である。

ボクの持ってる輸入盤は、62年リリースのPARKWAYレーベル、

何回かリリースされたレコードの初回盤である。

古いレコードだから、分厚くズシリと重い。

83年になって、この曲をテレビのCMで聴いた。

タイムズのオリジナルと少し違う、

タイムズのものよりクリアーで、スウィートで、新しい感じだ。

というわけで、探し出したカバーはティモシー・シュミット盤。

Timothy B,Schmitは、ポコやイーグルスのメンバーだった人。

多重録音によるコーラス、甘くソフトな歌声で、82年全米59位。

山下達郎氏も真ッ青、とはライナーノーツの言。

オリジナルもカバーも、原曲のすばらしさがあってこそ!

いつの時代にも心癒される名曲だと思う。

img1969
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/800-801d1aa9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック