FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img1977

ものすごくゴキゲンなロックン・ロール。

74年夏、ジョン・レノンは、

エルトン・ジョンをキーボードに迎え、

「真夜中を突っ走れ」を録音した。

エルトンはこの曲のヒットを確信し、

この曲がチャートのトップになったら、

レノンがエルトンのコンサートに出演するという約束をした。

そして74年11月、ソロとして初めてビルボードNo.1に上り詰めた。

レノンは、2週間も経たないうちに、約束を実行した。

11月28日、マディソン・スクエア・ガーデンのエルトンのコンサートで、

彼はこの曲と、「ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイヤモンズ」と、

ポールの曲「アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア」を一緒に歌った。

このコンサートは、レノンが出演した最後のステージとなり、

エルトンの「LSD」は75年1月ビルボードNo.1に輝き、

75年4月のNo.1「フィラデルフィア・フリーダム」のB面に、

「アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア」を入れた。

Elton John & John Lennon、

名前に同じJohnを持つ、

ふたりの偉大なロックン・ローラーの素敵な物語は、

こうしてヒット・チャートにその名を刻んだのである。

img1978 img1979
コメント
エルトン・ジョン・レノン
アイ・ソ~を始める前にジョンは「かつてのフィアンセの曲を」とMCしたそうです。ジョンとポール。間には誰も入れなかったんですねぇ。
2011/08/04(木) 01:29:21 | URL | ハーマンズハーミッツ #-[ 編集]

ジョンとポールの確執。自分がポール批判をした後で、それに乗じた記者に逆ギレ、「ポールの悪口を言っていいのは、世界でオレだけだ!」と、ジョンは言ったとか・・・。
最近、雑誌の特集、ポール・ネタが多いと思いません?
2011/08/04(木) 19:32:54 | URL | Mr.T #-[ 編集]
五輪
ローリングストーンズもレッドゼペリンも断った開会式だか閉会式にポールが出演するからでしょうか。
2011/08/05(金) 02:13:33 | URL | ハーマンズハーミッツ #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/804-f02d0487
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック