FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img1997

“涙のテディー・ボーイ”(byキャロル)、テディ・ランダッツォ。

ポップ歌手、映画スターとして、まあまあの成功をおさめていたけれど、

彼が本当に成功したのは、

作曲家、アレンジャー、プロデューサーとしてだった。

08年9月8日に紹介した日本でのみのヒット曲「ワン・モア・チャンス」を含む

このコンパクト盤に収録された「嘆きの道化師」こそが、

60年全米44位、彼の歌手としての最大のヒット曲だった。

この、原題「The Way Of A Clown」は、

バリー・マンとハワード・グリーフィールドによる、

ティーン・ポップスの名曲である。

彼のスタッフとしてサポートしたヒット曲もさることながら、

天邪鬼なボクは、彼の歌手としての幾つかの曲が大好きだ。

輸入盤シングル「The Way Of A Clown」のB面、

テディ自身とシンシア・ウェイルによる「Cherie」。

テディのスタッフ・チームによる「I’m On A Merry-Go-Round」。

特にこのマイナーな2曲は、彼の歌手としての魅力を醸し出している。

img606 img1998 img1999
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/811-71b14a1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック