FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img2034

姪の結婚披露で上京した雨の日、

秋葉原のセコハン・ブックストアで見つけた『レコード・コレクターズ』、

2000年10月号のサブ特集はバリー・マン。

大好きなバリー・マンとシンシア・ウェイルのインタビューに、

これまでに知らなかった事実がゾクゾク。

一番興味深かったのは、アニマルズの「朝日のない街」について。

彼らのレパートリーの中でも、とても珍しいこのプロテスト・ソングは、

ライチャス・ブラザーズのために書いたもの、だったという。

それが諸経緯でアニマルズに渡ってしまったらしい。

アニマルズの歌を聴いて、ふたりはビックリ!

その歌詞が半分以上変えられていた、

ふたりが大好きだった曲を、今も心穏やかに聴けなくなった、という。

その国内盤シングルがどういった経緯か、ボクのコレクションにあった。

原題「We’ve Gotta Get Out Of This Place」、

“僕たちはここを出ていかなくっちゃ”は、65年全英2位、

彼らのイギリスでの2番目のヒット曲となった。

ついでに、レア・アニマルズをもう1枚。

エリック・バードンとアニマルズ名義の初ヒットは、

アメリカでのチャート・イン曲とイギリスでのチャート・イン曲のカップリング、

B面「シー・シー・ライダー」は66年全米10位、

A面「ヘルプ・ミー・ガール」は66年全英14位。

日本では、「シー・シー・ライダー」をA面にして発売された。

まだまだ知らない事実を求めて、ボクは日夜ガンバリ続けるのです。

img2035
コメント
ソングライターズ
先日還暦過ぎても現役のブルーズシンガーの方とお話する機会がありました。ブリティッシュロックバンドがヒップなものとしてブルーズやロケンロールをとりあげなかったらというテーマで。しかしアニマルズに影響をうけたというその方の口からバリーマンとかキャロルキング、またフィルスペクターの功績がかたられることはありませんでした。ブルーズ原理主義の方には朝日の無い街は鬼門なんですね。
2011/09/23(金) 02:18:06 | URL | ハーマンズハーミッツ #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/829-958aef1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック