FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img2042

前回に引き続き紹介する、ブライアンの傑作、

63年にリリースされたビーチ・ボーイズのアルバム収録曲、

「カスタム・マシーン」をカバー・リリースしたのは、

ブルース&テリー。

彼らについてはもう何回かブログに登場済みだけれど、

08年6月27日付が一番わかりやすいと思う。

わずか1分35秒のゴキゲンなホットロッドの名曲は、

ブルース&テリー名義の第一弾で64年全米85位を記録した。

もう1枚の秘蔵盤は「Take It To Mexico」。

メキシコへの憧れを歌ったこの曲は、

ブルース&テリーの曲かと疑いたくなるようなカントリー・タッチの一曲。

テリー・メルチャー&ブルース・ジョンストン名義のリリースだけれど、

実は、テリー・メルチャーのソロ作品らしい。

このシングル、片面はMONO、もう片面はSTEREO、

この聴き比べも楽しい。

MONOはモノラルで、簡単に言うとマイクひとつで録音したもので、

左右のスピーカーから同じ音が聞こえるというもの。

STEREOはステレオフォニックで、2本のマイクで音を拾い、

それぞれに録音された音が左右から聞こえてくる、というもの。

当然、ステレオの方が自然のスタイル、というわけなのですが、

ボクたちオールディーズ・ファンには、

なぜかモノラルの方がなじみやすいし、メリハリを感じる。

この立体感がなく平面的なイメージ、のファンなのです。

だから、ステレオの時代になっても、

わざとモノラルを多用するプロデューサーも居るのです。

img2043 img2044
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/833-97d93c32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック