FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img2069

先日の『邦楽編』に続いて、今夜は『洋楽編』。

本来、ボクのコレクションは、洋楽のオールディーズなのですから、

お宝ザクザクの一冊は『秘蔵・シングル盤天国・洋楽編』。

やっぱり、国内盤のレコード・ジャケットのカタログのようで、

ボクの憧れのシングル盤がいっぱいで、

1万円以下のBランクやCランクはほとんど持っているのですが、

1~2万円のAランク、2万円以上のSランク、10万円以上のSSランク、

このレベルになると、そもそもが市場に出ることが珍しく、

ホンの数枚しか持っていない、というのが、恥ずかしながら現状です。

というわけで、このランクのレコードは、とりあえず輸入盤を所有しています。

その1枚が、61年全米29位、ステレオスの「I Really Love You」、

邦題は、「ほんとに大好き」。

オハイオ州出身の黒人5人組のドゥワップ・グループの一発ヒット曲。

注釈に、ラスカルズのフェリックス・キャバリエがいたグループ、なんて書いてある。

しかし、ネットで見るステレオスの写真やメンバーに、彼はいない。

ホント?てなわけで、キャバリエのHPを調べてみたら、

“ステレオズ唯一の白人メンバー”とあった。

ヤング・ラスカルズは、ブルー・アイド・ソウルなんて呼ばれるくらい

黒人のフィーリングをもったグループだったから、

史上初めて白人のみでアトランティックと契約したグループだったから、

納得することにしました。

今夜のラスカルズは、

ヤング・ラスカルズからラスカルズに改名しての初ヒット、

68年全米3位、「ビューティフル・モーニング」。

今夜の選曲はいかがだったでしょうか!

book11 img2070
コメント

あぁ、その曲イントロたまりません。唄からじゃないところがミソですよね。 高鳴る心とどっちが好きかなぁ。って、どっちも大好き。
2011/10/29(土) 00:05:30 | URL | ハーマンズハーミッツ #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/847-0500f436
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック