FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img2071

徳川に親藩が尾張、紀州、水戸の三家しかなかったために、

三田明は橋、舟木、西郷の後塵を拝してしまった。

後に、四天王などと慰めの冠をいただいたけれど、

デビューの時代が悪かったのかもしれないね。

62年『ホイホイ・ミュージックスクール』で認められて、

63年にデビュー以来、65年頃までは“アイドルの時代”、

この頃の歌ならたぶん歌える。

65年11月、偶然起きた飛行機事故のため自粛となった

悲運の「若い翼」をはさんで、

彼の第2期は“リズム歌謡の時代”、

♪~ あなたも僕も ホラ君も ~♪

66年4月の「アイビー東京」、

♪~ こんなに こんなに 愛してる ~♪

8月の「恋のアメリアッチ」、

♪~ エルビラ エルビラ ~♪

67年2月の「カリブの花」、

この3曲は、ボクの高校時代、隠れファンだった曲なのです。

この後、二十歳になった彼は、“演歌の時代”へと進んでゆくのでした。

(この時代区分はボクの独断と偏見です)

img2072 img2073 img2074
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/849-f80c3e02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック