FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img2115

12~13年前、高松に居た頃、

とにかく街を歩くとここかしこでやたらと流れていたのは、

「オートマチック」、

15歳の宇多田ヒカルの日本デビューの曲。

歌、上手いなあ、と思ったのを覚えている。

じゃ、日本一歌の上手い女性歌手は?、なんて言われても、

そんなのは主観だから特定できないのは百も承知だけれど、

ボクの人生の中で、ボクの好みの範囲で、

それはきっと、弘田三枝子さんだと思う。

64年、彼女が17歳の時、東芝からコロンビアへ移籍したての

「砂に消えた涙」を聴いてみて、あらためて納得。

彼女は14歳でデビュー、というから、末恐ろしい少女だった。

これまでもう何枚も彼女のレコードを紹介したけれど、

今夜はそれも含めて11枚の洋楽カバー・シングルを聴く。

そして、まだ掲出していなかった3枚のジャケットを掲載した。

「砂に消えた涙」は、ミーナのカバー、

ニール・セダカのカバー、62年の「すてきな16才」、

コニー・フランシスのカバー、63年の「渚のデイト」。

カバーというけれど、どれもこれも、まるで彼女のオリジナルのようだね。

img2118 img2116 img2117

コメント

弘田三枝子さん
何度かバックコーラスをさせて頂きました。
当たり前ですが、本当に上手い。
大変勉強になりました。

その時 CDにサインをして頂いたのは家宝となっております。
パーソナリティを勤めてらっしゃったラジオにも
出演させて頂きました。 なんて果報者!
2011/12/02(金) 22:49:29 | URL | さんた。 #LEZzacWc[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/864-f11cb20d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック