FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img2191

ビルボードのトップ40チャートにたった一度だけシングルが登場した、

そんなアーティストのことを“ワンヒット・ワンダー”という。

ボクの手元にある『Billboardただ1曲のスーパーヒット』という本、

その中にはボクのコレクションにある多くのレコードが登場する。

ヒットはただ1曲だけ、

納得のアーティストもいれば、

えっ!なぜ?と疑いたくなるようなビッグ・ネームも居る。

ここに登場すること自体、ビッグ・ネームでないはずなのに・・・。

そしてその多くは、もうすでに紹介してしまったけれど、

漏れていた、大好きな1枚がある。

63年全米18位、シークレッツの「ボーイ・ネクスト・ドア」。

ジョシー、クラーゲン、パット、キャロルの女性4人組。

当時のアメリカではよくあったことだったけれど、

ハイスクールのダンスパーティで歌っているところをスカウトされ、

地元のクラブで歌うようになり、そこでレコード会社にスカウトされ、

ひとつのキャラクターを与えられて、レコード・デビューする。

彼女たちが与えられたキャラクターは、“エンジェルスの妹たち”、

とくれば、当然ボクは大好き、という方程式。

粗製乱造の時代に咲いた一輪のあだ花、

ワンヒット・ワンダーズのそんな儚さが魅力的なのである。

book13
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/893-43f15937
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック