FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img2237

ビートルズを知ったのは中学生の頃。

奈良市内の高校に通い出してまもなく、何枚かシングル盤を買った。

その頃はレーベルに興味なんてなかったけれど、

例えば、「涙の乗車券」を330円で買った、このレコードはオデオン盤。

大学生になってレコード店で見つけた「涙の乗車券」のレーベルセンターは、

リンゴの写真。

珍しいしカッコいいなと思ってとてもうれしかったのを覚えている。

ことこのように、68年にビートルズがアップルを設立するまでは、

国内盤のすべてはオデオン盤だった。

日本では、「ヘイ・ジュード」までがオデオン盤で、

それ以降はアップル盤。

しかし、それ以前のものもアップルから再発されたものだから問題は複雑。

その上、「涙の乗車券」のように、ジャケット写真が同じものもあれば、

まったく違うものもある。

さらにその上、赤盤と黒盤がある。

さらにさらにその上、EMI盤というものもある。

もちろん、イギリス盤、アメリカ盤、その他のいろんな国もリリースしている。

コンプリートなコレクターなんて果たして居るのだろうか。

ボクは、ビートルズ・コレクターでなくて本当に良かったと思う。

img2238 img2239 img2240
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/914-38cabed3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック