FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img2245

“イギリスのフィル・スペクター”ジョー・ミーク、と言えばガールズものなのですが、

先ごろ入手したのはボーイズもの。

またまた、何者なのかよくわからないマイナー・シンガーなのですが、

ゲイリー・テンプル、61年作品「セブンティーン・カム・サンデー」。

そうですか!17歳の君は日曜日にやってくるのですか!

これが、なかなかのティーン・ポップ、

しゃくり上げて歌う、バディー・ホリーみたいなヒーカップ。

内袋のデザインもなかなかの“HIS MASTER’S VOICE”レーベル。

さて、ジョー・ミークの一番メジャーなヒット曲は・・・、

62年全米1位、もちろん全英でも1位、トーネドースの「テルスター」。

ジョー・ミーク作・プロデュース、

アメリカが世界初の通信衛星を打ち上げたという話題を狙ったインストゥルメンタル。

ちょっと不気味な異次元的なイントロに始まり、電気オルガンがメロディを奏でる、

エレキギターが登場する前の代表的なインスト曲の1枚です。

トーネドースは、ボクはトルネイドスと発音していたのですが・・・、

イギリスのグループとして初めて全米№1になったグループであったり、

全英№1になった日が世界初の人工衛星スプートニク打ち上げの5周年の日だったり、

と、話題がいっぱい。

ついでながら、ジョー・ミーク自身も、

67年2月3日、バディ・ホリーの8度目の命日に自殺するという

偉業?を成し遂げているのでした。

img2246 img2247
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/917-a42b5b6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック