FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img2364

アンナ、ラナ、カトリーヌ、カレン、キャロル、キャサリン、

シェリー、ジョアンナ、ミッシェル、リンダ、・・・。

洋楽のオールディーズには、女性の名前だけのタイトルの曲はいっぱいあります。

果たして、邦楽の世界には・・・、

と考えてみて、最初に頭に浮かんだのは、島和彦の「志津子」。

♪~ 志津子と呼べば 霧が流れる

   俺の心にからみつく 霧は志津子の溜息か ~♪

今でも、久万のゴルフ場へ三坂峠の霧の中を走っていると、

この歌が口をつく。

ライザ・ミネリほどではないけれど、彼の髪型は額の真ん中が尖っていた。

そして、もう一曲は、名作「江梨子」。

62年のこの歌をオン・タイムで聴いた記憶はないけれど、

冷たい雨が降る朝には思わず口ずさんでしまうほどの名曲。

♪~ 冷たい雨が降る朝に 一人で江梨子は死んでしまった

   かわいそうな江梨子よ きれいだった江梨子よ

   涙にぬれたその顔を 花で飾ってあげましょう ~♪

志津子も江梨子も、ボクが人生で一度も出会わなかったような珍しい名前、

そんな名前をタイトルにして、

しかもこんな寂しくて暗いストーリーにするなんて、

その名前をもつ女性の身になれば、ものすごく迷惑な話。

その名の歌詞をカノジョの名に替えてカラオケなんて、

こんな歌詞ではきっとできないと思う。

img2365
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/963-532967ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック