FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img2368

68年、ラジオから流れてきたこの曲にやられた。

ポール・リヴィアとレイダース、「恋のブーガルー」。

特に、マーク・リンゼイのシャウトする黒っぽいボーカルと、

ポールだろうと思われる間奏のオルガン・サウンドは最高、

思わず体が動き出す。

レコード・ジャケットのイラストみたいに、

彼らのユニフォームは南北戦争時代のミリタリー・ルック。

チャラいポップ・グループのようだけど、さにあらず、

デビュー時はインスト・バンドだっただけあって、その演奏のすばらしさ、

そして、何よりも、そのボーカルも、正真正銘のR&Bグループ。

当時は、オリジナル曲だと思っていたら、

67年全米7位、R&Bシンガー、ファンタスティック・ジョニー・シーのカバー。

原題は「Boogaloo Down Broadway」。

その上、なんと、このレイダースのシングルは日本でだけのリリース。

オリジナルも聴いてみたけれど、レイダース盤の迫力に即軍配。

こんなすばらしいカバーをシングル・カットしないなんて・・・。

だから、もちろんeBayにも日本盤しかリストされていない、

ボクにとっては、

日本が誇るシングル盤の1枚なのです。

img2369
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/965-e4ff253f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック