FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img135


“冗談音楽”と言えば“スパイク・ジョーンズ”。

スパイク・ジョーンズとシティ・スリッカーズの2枚のLPを愛聴している。

「ウィリアム・テル序曲」で有名な『元祖!冗談音楽~クラシック編』、と『~ポピュラー編』。

彼らをリスペクトしてコピーしたのが、フランキー堺とシティ・スリッカーズ。

クレージー・キャッツもドリフターズもドンキー・カルテットも横山ホットブラザーズも

もしかしたら、彼らなくしては存在していなかったかもしれない。

音楽的、技術的、実力があってこそのコミック・バンド、コミック・ソングだと思う。

“コミック”と言われることを彼らが好むかどうかは別として。

そんな意味では多少性格が違うかもしれないが、

なんと大ヒットさせてしまった曲がある。

66年、ビルボードではNo.3にまでしかなれなかったけれど、

その2週間前のキャッシュ・ボックスではNo.1を獲得してしまったのである。

歌っている、というより、語っているのはナポレオン14世、

その正体は、作曲家でありレコード・エンジニア、ジェリー・サミュエルズ。

曲名は、「狂ったナポレオン,ヒヒ,ハハ・・・」。

そしてB面は、そのテープを逆回しした「・・・ハハ,ヒヒ,ンオレポナたっ狂」。

ふだけた奴である。

ふところの大きい国であり、音楽ファンである。
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/97-eca2a34f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック