FC2ブログ

BOTH SIDES NOW

レコードにA面とB面があるように、すべてのものには二つの面があります。人生の光と影、 ボクはどっちも大好きです。

img2424

フィル・スペクターとレスター・シルのレーベル、フィレス、

このレーベルを語るとき、避けて通れないシンガーのひとり、ダーレン・ラヴ。

本名・ダーレン・ライトにラヴという芸名を付けたのはスペクターだった。

『レコード・コレクターズ』誌の電話インタビューで、

ゴスペル・シンガーのドロシー・ラヴ・コーツに因んでのネーミングであることや、

この名をとても気に入っていて、30年前に法的手続きをとって改名したことを

彼女自身が語っている。

彼女は、62年ブロッサムズで歌っていた頃、スペクターと出会った。

そして、スタジオで歌った曲が、

クリスタルズ名義で発売され62年№1になった「ヒーズ・ア・レベル」。

その後も、他のグループのリード・ボーカルとして、

いろんな歌手のバック・シンガーとして、

彼女はフィレスに欠かせない存在感を発揮した。

その彼女の魅力満載の、初のソロ・ヒットが、

63年全米39位「ボーイ・アイム・ゴナ・メリー」。

高価で状態の悪いオリジナル・シングルと、

安価で状態のいい82年発売の再発コレクタブル盤のどっちを買うか、

迷った末に、彼女の声を聴きたくて後者をゲット。

もう1枚は、本来のグループ、ブロッサムズで歌った「グッド・グッド・ラヴィン」、

66年、バリー・マンとシンシア・ウェイルの作品である。

img1086 img2425
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bothsidesnow.blog116.fc2.com/tb.php/989-cbb88862
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック